サービスに対する考え方

採用支援サービスに対する考え方

各企業の目標や課題に合わせたソリューションを提供しています。ソリューションに必要なサービスは、自社開発にこだわらず、他社サービスも含めて提供することで、最適化・迅速化に対応しています。

採用活動で重要なことは、「一人ひとりと向き合う」ことだと考えています。
一人ひとりと向き合うことを効率的に、確実に行う為に、
(1)人材育成・キャリアコンサルティングの視点
(2)マーケティングの視点
を武器にして、サービスを提供しています。

弊社の人材採用支援サービスの特徴は、「一人ひとりと向き合う」ことが時間的に難しい企業様に、「キャリアコンサルタント×マーケティング」でサポートできるサービスに特化していることにあります。

「一人ひとりと向き合う」ことの有効性は説明する必要がないと思いますが、企業の課題は応募者全員にできないことだと思います。応募者全員に「一人ひとりと向き合う」ことが出来ない場合の対応策は、いくつかあると思います。

まず、募集段階でできることは、貴社とマッチングする方中心に応募者を集めること。その為には、マッチングする対象はどういう人材かを考え、その人材が就職活動で情報収集している場(メディアやイベントなどを考え、その人材に興味を持たれる情報を提供すること。例えば、就職情報サイトに掲載して募集を掛ける場合は、その人材がどうやって企業を探すか、どんなワードで企業検索をするかを考えて誌面を制作すること。検索結果に表示されないと始まりません。その上で、誌面に興味を持たれる情報を掲載することが重要です。スカウトサイトや就職イベントを活用する場合も同様です。もっと知りたいと思って貰い、エントリーをして貰うことが重要です。

貴社に興味を持った方は、採用サイト(ホームページ含む)でより詳細な情報を確認し、OB訪問や就職イベントなどで社員から話を聞ける機会を求めることが多いです。

採用サイトにおいてデザイン性は応募者を惹きつけるファクターで、貴社をイメージ付ける重要な役割がありますが、応募者が就職先を選ぶのに必要な情報が見やすく掲載されているということはもっと重要です。情報の網羅性が高まると、応募者が欲している情報に辿り着けなくなったり、提供したい見て欲しい情報を見て貰えないことがでてきます。その為、採用サイトを見に来た応募者にそういった適した情報をアピールするWEB個客化ツールが効果を発揮します。WEB個客化ツールは、応募者が採用サイトのどのページをみたかとかどこからアクセスしているかなどからアピールさせる情報を設定させることが出来る為、まだ応募していない方を応募に導くことも可能です。また、文字や写真ではなく、動画のほうが伝えやすい情報が増えています。最近は、テーマを絞った3分以内の短い動画が効果的の為、テーマ毎に動画を用意することが増えています。大量の動画を用意するために、安価で動画を制作する仕組みが出来てきています。

社員から直接話を聞ける機会を作ることが、コロナ禍において難しいこともあるので、オンラインミーティングを実施することが増えました。その結果、オンラインミーティングのほうが良い面があることも見えてきました。交通費が掛からないことで全国から参加する人がいること、そして移動時間が掛からないことで気軽に参加できる為、参加人数も増えました。そして、顔の表情がハッキリ見えることや不快な気持ちにさせずに資料を見ながら対話することができること、経費もほとんど掛からないことも普及に拍車を掛けました。グループディスカッションやワークも出来るので、22卒のインターンシップではメインになっています。どう活用するかを考えたり、やりたいように操作できるかなどのコンサルティングを活用することで、より高い成果を得ることも出来るでしょう。

応募者への連絡に、メールまたは就職情報サイトや会員制サイトのマイページ配信を利用している企業が多いと思いますが、メールを見ていない学生が多く、電話を掛けても出てくれないなど、連絡が取れないことで説明会や選考への辞退が多いことに頭を悩ましている企業も少なくありません。そこで最近増えているのがLINEを使った連絡です。LINE社が公式に提供しているツールでは、選考状況などに応じてセグメントしたメッセージを送ることは難しいですが、弊社が取り扱っているツールを活用すると、LINEで友だちになった瞬間から

代表が経験してきた「人材紹介」というサービスは、候補者が企業に入社して初めて報酬が貰えるモデル。その為、「一人ひとりと向き合う」ということを徹底する必要がありました。

人材紹介で行っていたことは、企業の採用活動に活かせるスキル。例えば、スカウトをして募集を掛け、初回の面談で信頼関係を構築し、求人を紹介しながら動機付けし、内定後に辞退されないように決断を促すスキルとかが磨かれています。

そのスキルをアウトソーシングに活かしました。より生産性を高めるために、マーケティングツールも使いこなし、より採用確率を高めるサービスに仕上げました。

弊社が提供する採用メンター(キャリアコンサルタントがマーケティングツールを活用して行う採用アウトソーシング)では、メールと電話を活用し、積極的にエントリー者とコミュニケーションを取ります。

そのため、
・自社が高く評価した人材は、自社のどこに魅力を感じているのか
・自社に関心をもつ人材はどんな情報を必要としているのか
・どんな情報があれば動機づけられるのか
・どんな不安を感じているのか
・入社意欲の高い人材は誰なのか

などを、貴社にフィードバックしますので、貴社の成功シナリオを構築することができます。

▶「関心を持ってくれた採用ターゲットを入社させたい」
▶「目標人数の採用数を採用したい」
▶「自社に関心をもつ人を増やしたい」
そういう企業様のお力になります。

採用支援サービスに対する考え方

各企業の目標や課題に合わせたソリューションを提供しています。ソリューションに必要なサービスは、自社開発にこだわらず、他社サービスも含めて提供することで、最適化・迅速化に対応しています。

採用活動で重要なことは、「一人ひとりと向き合う」ことだと考えています。
一人ひとりと向き合うことを効率的に、確実に行う為に、
(1)人材育成・キャリアコンサルティングの視点
(2)マーケティングの視点
を武器にして、サービスを提供しています。

弊社の人材採用支援サービスの特徴は、「一人ひとりと向き合う」ことが時間的に難しい企業様に、「キャリアコンサルタント×マーケティング」でサポートできるサービスに特化していることにあります。

「一人ひとりと向き合う」ことの有効性は説明する必要がないと思いますが、企業の課題は応募者全員にできないことだと思います。応募者全員に「一人ひとりと向き合う」ことが出来ない場合の対応策は、いくつかあると思います。

まず、募集段階でできることは、貴社とマッチングする方中心に応募者を集めること。その為には、マッチングする対象はどういう人材かを考え、その人材が就職活動で情報収集している場(メディアやイベントなどを考え、その人材に興味を持たれる情報を提供すること。例えば、就職情報サイトに掲載して募集を掛ける場合は、その人材がどうやって企業を探すか、どんなワードで企業検索をするかを考えて誌面を制作すること。検索結果に表示されないと始まりません。その上で、誌面に興味を持たれる情報を掲載することが重要です。スカウトサイトや就職イベントを活用する場合も同様です。もっと知りたいと思って貰い、エントリーをして貰うことが重要です。

貴社に興味を持った方は、採用サイト(ホームページ含む)でより詳細な情報を確認し、OB訪問や就職イベントなどで社員から話を聞ける機会を求めることが多いです。

採用サイトにおいてデザイン性は応募者を惹きつけるファクターで、貴社をイメージ付ける重要な役割がありますが、応募者が就職先を選ぶのに必要な情報が見やすく掲載されているということはもっと重要です。情報の網羅性が高まると、応募者が欲している情報に辿り着けなくなったり、提供したい見て欲しい情報を見て貰えないことがでてきます。その為、採用サイトを見に来た応募者にそういった適した情報をアピールするWEB個客化ツールが効果を発揮します。WEB個客化ツールは、応募者が採用サイトのどのページをみたかとかどこからアクセスしているかなどからアピールさせる情報を設定させることが出来る為、まだ応募していない方を応募に導くことも可能です。また、文字や写真ではなく、動画のほうが伝えやすい情報が増えています。最近は、テーマを絞った3分以内の短い動画が効果的の為、テーマ毎に動画を用意することが増えています。大量の動画を用意するために、安価で動画を制作する仕組みが出来てきています。

社員から直接話を聞ける機会を作ることが、コロナ禍において難しいこともあるので、オンラインミーティングを実施することが増えました。その結果、オンラインミーティングのほうが良い面があることも見えてきました。交通費が掛からないことで全国から参加する人がいること、そして移動時間が掛からないことで気軽に参加できる為、参加人数も増えました。そして、顔の表情がハッキリ見えることや不快な気持ちにさせずに資料を見ながら対話することができること、経費もほとんど掛からないことも普及に拍車を掛けました。グループディスカッションやワークも出来るので、22卒のインターンシップではメインになっています。どう活用するかを考えたり、やりたいように操作できるかなどのコンサルティングを活用することで、より高い成果を得ることも出来るでしょう。

応募者への連絡に、メールまたは就職情報サイトや会員制サイトのマイページ配信を利用している企業が多いと思いますが、メールを見ていない学生が多く、電話を掛けても出てくれないなど、連絡が取れないことで説明会や選考への辞退が多いことに頭を悩ましている企業も少なくありません。そこで最近増えているのがLINEを使った連絡です。LINE社が公式に提供しているツールでは、選考状況などに応じてセグメントしたメッセージを送ることは難しいですが、弊社が取り扱っているツールを活用すると、LINEで友だちになった瞬間から

代表が経験してきた「人材紹介」というサービスは、候補者が企業に入社して初めて報酬が貰えるモデル。その為、「一人ひとりと向き合う」ということを徹底する必要がありました。

人材紹介で行っていたことは、企業の採用活動に活かせるスキル。例えば、スカウトをして募集を掛け、初回の面談で信頼関係を構築し、求人を紹介しながら動機付けし、内定後に辞退されないように決断を促すスキルとかが磨かれています。

そのスキルをアウトソーシングに活かしました。より生産性を高めるために、マーケティングツールも使いこなし、より採用確率を高めるサービスに仕上げました。

弊社が提供する採用メンター(キャリアコンサルタントがマーケティングツールを活用して行う採用アウトソーシング)では、メールと電話を活用し、積極的にエントリー者とコミュニケーションを取ります。

そのため、
・自社が高く評価した人材は、自社のどこに魅力を感じているのか
・自社に関心をもつ人材はどんな情報を必要としているのか
・どんな情報があれば動機づけられるのか
・どんな不安を感じているのか
・入社意欲の高い人材は誰なのか

などを、貴社にフィードバックしますので、貴社の成功シナリオを構築することができます。

▶「関心を持ってくれた採用ターゲットを入社させたい」
▶「目標人数の採用数を採用したい」
▶「自社に関心をもつ人を増やしたい」
そういう企業様のお力になります。

お問合せフォームから、お気軽にご連絡ください。24時間以内に、ご返信させていただいております。

お問い合わせ
MENU
PAGE TOP